シャンプーをやめるとアトピーが軽減・緩和される!



脱・シャンプー道場~湯シャンで髪はよみがえるのか!?を実践



脱・シャンプー道場TOP » 脱・シャンプーのメリット » アトピーが軽減・緩和される!

シャンプーの害が消えてアトピーが軽減・緩和される!

大人に増えているアトピー性皮膚炎はシャンプーが原因かも!?

花粉症もアトピー性皮膚炎もアレルギーの一種なんですが、とにかく右肩上がりで患者数が増えているんだそうです。 特にアトピーというと子供の病気というイメージがある人も多いと思いますが、最近は大人になってから前触れなく発症する人も多いそうです。

もともとアトピー因子をもつ体質的にアレルギーになりやすい人がなんらかの外的刺激を受けるとそれがきっかけになってアトピー性皮膚炎を発症するみたいなんですが、 外的刺激のなかにはシャンプー・リンスが含まれているのはいうまでもありません。

アレルギーを引き起こす可能性がある有害化学成分が普通にシャンプーには含まれているわけですからそういったものを子供のころからずっと使い続けていれば 大人になって限界がきて一気に噴き出すなんてこともありえないことはないですよね。

すでにアトピーだという人や化学物質過敏症、極度の敏感肌の人のなかには普通の市販されているシャンプーは使えないという人もいると思います。

そういう人のなかには頭皮にやさしい刺激のないシャンプー探している人もいると思うんですが、使えるシャンプーを探すのではなくてシャンプーをやめることを考えてみてほしいと思います。

子供のアトピーに使えるシャンプーやボディソープを探している人も同様です。水やぬるま湯で髪を洗い、体を流せば皮脂も汚れも落ちるわけですから シャンプーやボディソープを使わないといけないと考えているその発想を切り替える必要があるのではないかと思います。

「ベビー用」という表記に隠された罠

いろいろ調べてみましたがやっぱり「アトピーでも使えるシャンプー」という触れ込みでPRしている商品って多いですね。 無添加シャンプーなんて笑えるものもありました。

それと一緒に見つけたのがベビー用のシャンプーというもの。 赤ちゃんも安心して使えるということ聞くと肌にやさしいイメージがありますけれど、これが落とし穴になる可能性があります。

赤ちゃんは皮膚が薄いうえ、暑がりで汗をかきやすいという特徴があります。そのため蒸れてかぶれたりすることが多いですし、 乾燥肌でデリケートなのでフケが目立ったりと頭皮や肌のトラブルが何かと多いので有名です。

それを知らず、赤ちゃんというと「プルプルで潤いある肌が当たり前」だと思い込んでいると、 自分のケアの仕方が悪いと思って安心して使えるベビー用のシャンプーやボディーソープを必死になって探します。

そしてベビー用という表記のある商品を、きっと肌にやさしいはずと思い込んで買う場合がほとんどだと思います。 しかし、その思い込みがヤバいんです。

ベビー用を肌にやさしいと勘違いしている人がいますが界面活性剤も防腐剤などの化学成分もしっかり含有してます。 赤ちゃんの肌はバリア機能もまだ未熟ですから、大人以上に化学成分が肌に浸透しやすいといえます。これがどういう結果を招くかはもうご想像の通りです。

アレルギーの子どもが増えているというのも当然なのかもしれませんね。

赤ちゃんだけでなく肌が弱い人、アトピー性皮膚炎の人のなかには肌にやさしそうということでベビー用のシャンプーを使っている人も多いと思いますが、 それはあくまでイメージであって実際はそんなことは全然ないです。

赤ちゃんはもちろん、肌が弱い人、アトピーの人ほど脱シャンプーを考えるべきだと僕は思います。