シャンプーすると皮脂量が増える



脱・シャンプー道場~湯シャンで髪はよみがえるのか!?を実践



脱・シャンプー道場TOP » シャンプーの問題は? » シャンプーすることで皮脂が増えている

シャンプーで洗いすぎると皮脂が増える

頭がベトベトするのはシャンプーが原因かも!?

髪がベトベトするとか、頭皮からニオイがするというのはたいてい皮脂が原因です。

頭皮には顔よりずっとたくさんの皮脂腺があるので皮脂の分泌量が多く、それが過剰になるといろいろな問題を引き起こしてしまうといわれています。

某育毛サロンのCMなどをみると毛穴に詰まった皮脂が抜け毛の原因になるといっていますよね。 角栓様物質でしたっけ?まさかあのようなCMを信じて育毛サロンにいったり、スカルプシャンプーを買ってしまったなんて人はいないと思いますが、 一応確認しておくと皮脂が抜け毛の原因になるなんてことはありません。

そのため、皮脂が過剰に分泌されていても抜け毛や薄毛には関係ないのですが、皮脂が菌によって分解されるとニオイの原因になります。 ニオイの元になる皮脂が多いということは単純にクサくなりやすく、ニオイも強くなりがちだということです。

ということで夏場なんかは特に皮脂に注意して頭を一生懸命洗うということになるんですが、シャンプーすればするほど必要な皮脂まで洗い落としてしまうので 頭皮が皮脂不足になり、皮膚は自衛反応として余計に皮脂を分泌するようになります。

これを繰り返していると皮脂腺がどんどん発達して肥大化してきます。

そのため皮脂もどんどん分泌されるようになるので、髪も頭皮も常にベタベタしてますし、ニオイもどんどん強くなってきます。 シャンプーをしてベタつきやニオイを除去するつもりがもっとひどくなってしまうんですね。

シャンプーすることで皮脂量が増えるというのはこういう理由があるからなんです。

皮脂が増えると髪のツヤがなくなります!

皮脂を放置しておくと酸化して過酸化脂質という刺激物質になります。この過酸化脂質は頭皮にダメージを与える悪者です。 また、頭皮が皮脂でベタベタしていると髪もベタついてハエ取り紙みたいになるので空気中の汚れが付着しやすくなります。

これはツヤがなくなってしまう原因にもなります。

「やっぱりシャンプーが必要じゃないか!」と思ってしまったお人好しあなた!話にはまだ続きがあります。

この皮脂が酸化した過酸化脂質はシャンプーを使わなくてもお湯で洗ってすすげばほとんどが落せるんです。 だから汚れを落とすという目的でシャンプーを使う必要というのはまったくないんです。

汚れは落ちるけれど、日本は湿度が高く、菌が繁殖しやすい環境だからシャンプーすべき!という人もいますが、皮脂はもちろん 汗も水やお湯で落ちるのでシャンプーを使って洗う理由がないですよね。

湿度や気温が高いと皮脂もたくさん分泌されるようなイメージがありますが、夏のベタつきの原因は皮脂ではなくて汗の影響がほとんどです。

花王の調査によると湿度や気温で頭皮が蒸れていると感じている夏よりも湿度が低く乾燥している冬の方が頭皮の皮脂量は多いんだとか。

乾燥が皮脂の分泌を促すというのがここでも証明されているわけです。シャンプーするから頭皮が乾燥して皮脂が増えるのと原理は同じです。