髪の乾かし方の注意点



脱・シャンプー道場~湯シャンで髪はよみがえるのか!?を実践



脱・シャンプー道場TOP » 実践!脱・シャンプー » 髪の乾かし方の注意点

髪の乾かし方はとっても重要です!

ドライヤーと自然乾燥ってどっちがいいの?!

髪は熱に弱いというのはご存じでしょうか?

髪はケラチンというタンパク質でできているんですが、このケラチンは60度で変性します。 ドライヤーの温度は120~140度ぐらいだといいますから髪を乾かそうと毎日使えばそれだけ髪にダメージを与えているということがいえます。

もっとひどいのはヘアアイロンで、確か100~200度ぐらいまで温度調整できたと思います。 かわいい巻髪をつくるために毎日使っている人もいると思うんですが確実にケラチンが破壊されます。陰毛のようにうねうねとした髪の毛になってしまいます。

ということは自然乾燥のほうがいいのか?というとそうとも言い切れないんです。

髪が短くタオルドライで乾かせるのであればそれが一番です。ただし、髪が長くなればなるほどタオルドライだけでは乾かしきれません。 自然乾燥させるのも時間がかかりますし、冬場は寒くて無理でしょう。

さらには、濡れたままの髪は水分を吸収して膨張してしまいますし、頭皮も湿った状態というのは雑菌が繁殖しやすくニオイの原因になってしまいます。

ドライヤーにも自然乾燥にもこのように髪や頭皮対してデメリットがあります。ではどうすればいいか?というと低温ドライヤーを使うのが一番です。

ドライヤーは必要悪。濡れたまま放置するよりマシ

ドライヤーも熱で髪にダメージを与えるので本当は使いたくないところなんですが、髪や頭皮を濡れたままにしておくのはもっと問題です。 なので必要悪としてドライヤーを使って髪と頭皮を乾かすということになります。

髪や頭皮にダメージを与えないようにするドライヤーの使い方としては冷風と温風を交互にあてるとか、 髪から20㎝以上離すといったテクニックがあるんですが一番ラクで便利なのは低温ドライヤーだと思います。

低温ドライヤーは従来のドライヤーの熱風による髪へのダメージを最小限にするために生まれたものですから、 温度も50~60度というケラチンが変性するかしないかのギリギリの温度に設定されています。

髪から離して使えばそれより温度が下がるのでケラチンが変性してしまうこともありません。

脱シャンプーする人もしない人にとっても髪と頭皮の健康を考えるのであれば低温ドライヤーは非常に使い勝手がいいものだと思います。 僕自身はいまでこそ自然乾燥で乾かしてますが、脱シャンプーをはじめて初期のころは少しでもニオイを減らすために1分間に限定してドライヤーを使って乾かしてました。

当時、もし低温ドライヤーというものの存在を知っていたら使っていたと思います。 長く使えるものだと思うので髪への投資と考えて持っていてもいいのかな?と思います。